お知らせ

2020年7月30日 コラム
デスクトップのウィンドウを整理するお役立ちTIPSをご紹介!

緊急事態宣言が解除されて約二ヶ月が経ちましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
テレワークを継続して行っている方も多いとは思いますが、慣れない机周りや椅子などで、疲弊した日々を送ってはいませんか?
せめてデスクトップを綺麗に整えて、少しでも快適に作業を行いたいところですよね。
今回ご紹介するのは、デスクトップのウィンドウサイズをリサイズし、決まった位置にレイアウトできる便利な機能です。
こんな時だからこそ、整理されたデスクトップで作業効率を上げていきましょう。

1.スナップ機能を活用しよう

それでは早速やってみましょう。
まずは、スナップ機能です。(Windows 10)
操作は簡単。ウィンドウを任意の端にドラッグ&ドロップするだけです。

例えば、ウィンドウを斜め四隅のいずれかの位置に移動させると、画面の1/4サイズにリサイズされます。

同様に、ウィンドウを右端か左端に移動させることで、1/2サイズにリサイズされます。

それぞれを組み合わせてフォーメーションを組むことも可能です。

■スナップ機能のショートカット

ショートカットを使えば、キーボードのみで操作を行うことも出来ます。

2分割:「Windows ロゴマーク」+「←または→」
4分割:2分割の状態から「Windows ロゴマーク」+「↑または↓」

■スナップ機能をオフにする

意図せずリサイズされて困る。こんな機能は不要って方は設定をオフにしましょう。
設定」>「システム」>「マルチタスク」項目内の「ウィンドウを画面の横または隅にドラッグしたときに自動的に整列する」をオフに設定します。

2.Split View

MacユーザーならSplit Viewがおすすめ。(Mac os Catalina)
こちらもやり方は簡単です。
ウィンドウ左上にある3色ボタンの緑色にカーソルを合わせると表示される「ウインドウを画面左側にタイル表示」、または「ウインドウを画面右側にタイル表示」を選択します。
そして、画面のもう一方側で、任意のウィンドウをクリックすると両側に整理して表示されます。

3.こんな使い方がおすすめ

スナップ機能などの2画面表示は様々なシーンで活⽤できますが、⽚側にテキストデータ、もう⽚側に編集ソフトを表⽰させて、コピー・ペーストによるコンテンツ作成に⼤変便利です。例えば、テキストデータとパワーポイントでの資料作成シーンなどでおすすめです。
この2画面表示は、はたらきかたエディターでの業務マニュアルの編集時にも便利です。
テキストデータからのコピペによるスピーディーなコンテンツ作成が可能になります。

↑テキストデータと、はたらきかたエディターによる整理されたウィンドウ表示

はたらきかたエディターの編集画面では[]アイコンをタップすることで左側表示(目次構成やパーツなどのエリア)のオン/オフが可能で、編集に集中できます。
スナップ機能などの2画面表示と、この左側表示オン∕オフ機能を組み合わせれば、作業画面をすっきりさせ効率をアップすることが出来ます。
是非、無料トライアルにてお試しください!

↑左側表示の「オン/オフ」切り替え

今回はデスクトップのウィンドウ整理に焦点を当てて、便利な機能と活用例をご紹介しました。
整理されたウィンドウで気持ちよく業務を行いましょう。

はたらきかたエディターを無料でお試しいただけます。是非この機会に業務マニュアルを整備してみませんか。

【オンライン個別相談好評実施中!】

  • 営業担当が、サービス内容や「はたらきかたエディター」操作方法のデモをオンライン画面上で説明いたします。
  • お悩み内容をお伺いし、貴社によりフィットした「はたらきかたマニュアル」サービスの活用法をご提案いたします。
  • その他お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。


ページトップへ